ウルトラマンギンガS 6話 感想 巨大戦ヤバい!特撮シーン最高!

スポンサードリンク

ウルトラマンギンガS 6話 感想「忘れ去られた過去」
ウルトラマンギンガS 6話 感想
新たなビクトリアンの「ヒヨリ」が登場し、
謎に包まれたビクトリアン達の過去がまた一つ明らかに。

ドラマパート以上に、
特撮パートに釘付けの回でした!
平成三部作をギュッと凝縮したような。
とにかく、濃い30分だった。


ウルトラマンギンガS 6話「忘れ去られた過去」感想

ドラマパートは、元々が短編作品というのもあり、
展開が駆け足な感がありました。

しかし新キャラクターの登場、地底世界の過去、特撮の見せ場など、
ヒカルとショウ、女王といった各キャラクターを、
上手く魅せてくれた回だったと思います。

6話最大の見所は、
何をさしおいても「特撮」!!

「巨大感」を追求した映像が本当に素晴らしかった!
ウルトラマンギンガS 6話 感想
ウルトラマンギンガS 6話 感想
ゴモラやファイヤーゴルザといった、
怪獣が暴れ回ってくれて、
ティガ~ガイアの三部作時代を、
思い出しながらみてました。
ウルトラマンギンガS 6話 感想
ミニチュアを駆使したセット、舞い散る砂塵・・・!
これぞ巨大特撮という演出の連発!

ウルトラマンギンガS 6話 感想
全体的に、
昭和特撮を見てるみたいな感じ。

特撮部分は、圧倒的な巨大感&爆破の迫力が、
坂本監督や石井監督と差別化されてて良かった!

倒れてビルが壊れる演出なんて、
久々に見たかも知れない・・!

これを一年50話、
全国ネットで放送できれば、
ウルトラマンの子供達への、
知名度はもっと高くなると思う。

ウルトラマンギンガS 6話「忘れ去られた過去」感想まとめ

・ビクトリアンの過去がまた明らかに。
・巨大感がものすごかった。
・ブイチョコで口説けるビクトリアン
・ヒヨリが死なずにすんで良かった。

ウルトラマンギンガSは、スタッフが毎回、
全力投球して作っている作品だと感じる。

他の特撮がそうじゃない訳じゃない。
話数が少ない作品だからこその「全力投球」。

ウルトラマンギンガSって、
「こんな映像を見たかった!」という巨大特撮への欲求を、
満腹にならんばかりに満たしてくれる!

この調子で、前半パート残る2話も、
突き進んで貰いたいです。

残り2話、あっという間ですね。

情報元:
ウルトラマンギンガ 公式(円谷プロダクション)

スポンサードリンク

7538

コメントを残す

PC・TV・スマホでいつでもどこでも
見たい番組が見れる
いまなら2週間無料で見放題↓


登録後
トップ>キッズ>キッズに人気>初代仮面ライダー・V3・W・オーズ・電王・カブト・アギト・クウガ・龍騎が見放題

ピックアップコンテンツ一覧

この記事は読みましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ