仮面ライダー鎧武 40話 感想 紘汰、自分の末路を知る。

スポンサードリンク

仮面ライダー鎧武 40話 感想「オーバーロードへの目覚め」
仮面ライダー鎧武 39話 感想
レデュエによって、
オーバーロード化する、
遠くはない未来の自分の夢を見せられた紘太。

それをみて、紘汰が出した答えは?
そして力を得た者の末路は。


仮面ライダー鎧武 40話 感想「オーバーロードへの目覚め」

仮面ライダーは元々「仮面ライダー」と言う、
称号を外したら“怪人バッタ男”になっていたので、
今回のレデュエがみせた幻、
「第1話で紘汰が戦極ドライバーを使わず、
ヘルヘイムの身を食べていたら、
裕也や初瀬ちゃんみたいになっていただろう」
と言うのは、
ものすごく説得力があった。

仮面ライダー鎧武 40話 感想
第1話の裕也や初瀬ちゃんは、
今回の紘汰みたいに泣き叫びながら、
ライダーに殺されていったのかなあ。

そう考えると切ない。
相手が怪人だと、
くみ取れない心境だよね。

気になったのは、
注目されていた、紘汰の決断。
自分の身がどうなっても、
自分が守りたいと思った人達を守るというのは、
実はミッチの決断とほぼ同じ。


ミッチの場合は舞を守り、
その他人間達を守らない。

紘汰の場合は人間を守り、
人間じゃないインベスは守らない。

守る対象が違うだけで、
紘汰とミッチの考えは実は同じ。

また、インベスは実は、
仲間想いの種族である事が今回で判明。

そのインベスを戦って倒してしまう紘汰の行動は、
結局は力によって命を奪う事をしている。

某漫画での有名な台詞。
「みんな自分たちが正しいと思っている。
戦争なんてそんなものだ」

この台詞を思い出した。

ロシュオが言うように、
「過ちの繰り返し」になってしまうのかな・・。

仮面ライダー鎧武 40話 感想「オーバーロードへの目覚め」まとめ

・レデュエ、紘汰に幻をみせる。
・紘汰の守ると、ミッチの守るは実は同じではないか。
・「お前は・・ た だ の バ カ だ!」 
・バロンさんの蹴り一発で壊される生体エネルギー吸収装置w

レデュエの幻だったとはいえ、
味覚変異など、もうオーバーロード化は避けられない事実。
紘太はそれでも戦い続けるのだろうか。

ブレイドのラストに近いものがありますが、
ウロブチ脚本はどう捻ってくるのか。
楽しみ半分、不安半分です(笑)

情報元:
仮面ライダー鎧武 公式(東映)

スポンサードリンク

7538

One Response to “仮面ライダー鎧武 40話 感想 紘汰、自分の末路を知る。”

  1. 匿名 より:

    >紘汰とミッチは同じ
    僕はそうは思いません。
    自分自身が堕ちていきながら、それでも守り抜くことを選択した紘汰と、
    その度に守りたいものを切り捨てていくミッチ
    舞を守るも、本当に舞が大切には見えない。
    ロシュオに渡して「それでもダメなら諦める」 …紘汰なら絶対しない

コメントを残す

PC・TV・スマホでいつでもどこでも
見たい番組が見れる
いまなら2週間無料で見放題↓


登録後
トップ>キッズ>キッズに人気>初代仮面ライダー・V3・W・オーズ・電王・カブト・アギト・クウガ・龍騎が見放題

ピックアップコンテンツ一覧

この記事は読みましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ