トッキュウジャー 18話 感想 シャドーから虹野明へ“変身”した日。

スポンサードリンク

烈車戦隊トッキュウジャー「第18駅 君の名を呼べば」
トッキュウジャー 18駅 感想
すみません。急な出張で視聴と感想が遅れました。
今週もとても面白かった!

ザラムとトッキュウ6号。どちらを選ぶのか。


烈車戦隊トッキュウジャー「第18駅 君の名を呼べば」感想

名前を使ってザラムから虹野明へ。
つまり、シャドー怪人から、
トッキュウジャーへの変化を描いた話。

ザラム時代は雨が降りだし、
トッキュウジャーになると晴れて虹がかかる。
この辺りの変化がちゃんと描かれていて良い。

罪の意識にさいなまれて、
死に場所を追い求めていると言う明の設定は実は重いが、
それを思い込みが激しくてどこかズレているとギャグで処理したのは、
『トッキュウジャー』の雰囲気によくあわせていると思う。

今回はゼットも登場。
トッキュウジャー 18駅 感想
影でなにかやっているシュバルツさんに何やら釘差し。
ゼットもまだ底が見えそうで見えないお方。

小林脚本は登場人物が増えてから、
面白さの真骨頂だと個人的に思う。

シャドーラインは闇の皇帝ゼットを中心に人間関係が形成され、
虹野明もゼットが求める「キラキラ」を、
手に入れたシャドー怪人と言う設定。

トッキュウジャーも、ゼットが求めている、
「キラキラ」を持っている人達と考えれば良いだろう。
キラキラ=イマジネーションなのかもしれない。

小林さんの作品は、登場人物・追加戦士が揃ったところで、
人間関係が完成する作り。

これで敵味方の人間関係がひとまず完成した感じなので、
いよいよ本筋が始まると言ったところかな。

七人目の戦士がいる可能性は捨てきれてないけれどね。
レインボーといったら七色だし。

もうシャドーでないなら名前を改めることに。
トッキュウジャー 18駅 感想
改めて命名 「虹野 明」

そして全員勢ぞろい!
トッキュウジャー 18駅 感想
トッキュウジャー!
トッキュウジャー 18駅 感想
いよいよ面白さも超トッキュウ!

烈車戦隊トッキュウジャー「第18駅 君の名を呼べば」感想まとめ


・ザラムは元シャドー怪人。
・罪の意識にさいなまれていた。
・トッキュウ6号として、新たに出発!

この回をもって、
正式に仲間となったトッキュウ6号!
これから広がる世界観、設定が楽しみ!

情報元:
烈車戦隊トッキュウジャー公式(東映)

スポンサードリンク

7538

コメントを残す

PC・TV・スマホでいつでもどこでも
見たい番組が見れる
いまなら2週間無料で見放題↓


登録後
トップ>キッズ>キッズに人気>初代仮面ライダー・V3・W・オーズ・電王・カブト・アギト・クウガ・龍騎が見放題

ピックアップコンテンツ一覧

この記事は読みましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ