【ネタバレ】映画ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 感想レビュー

スポンサードリンク

封切りから1週間ほどたってしまいましたが、映画 初代ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版を、視聴してきましたので、
感想レビューを書きます。
映画ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 感想レビュー
この映画は、当時上映された「ゴジラ」の画像をリマスターし、
フィルムの汚れとノイズを除去し、クリアーな画質&音声にして、
1954年の初回公開時とほぼ同じ状態にしようと試みたものだそうです。

想像以上にくっきり映っていました。
デジタルリマスターは本当に凄いですよ。


映画を観に行った雰囲気や印象

映画ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 感想レビュー
上映初日ではなかった事からか、人はあまり多くありませんでした。

観に来ている人は年配が多く、
親子連れはほとんどいなかったように思います。

映画ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 感想

映画ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 感想レビュー
今まで観てきたDVD等の画像では、
白黒映画とはいえ、画面が全体的に暗く、
細部まではっきりと町並みや、
ゴジラのデザインががわかりにくかったのですが、

デジタルリマスター版は画像がそれは見事にクリアーになり、
今まで見づらかったシーンもはっきり見えるようになりました。

ただしその反面、合成部分がまるわかりになったという意外なデメリットも(笑)

作品自体は、多くの人たちが名作と語っている本作なので、多くは語りませんが、
日常が徐々に非日常に変化する様子、正体が全くわからない怪獣、
そしてそれに対し、まるで無力な軍隊等々…。

すべての怪獣映画の原点が、
この一本に詰まっていると言っても過言ではない。

ゴジラはゆっくりと東京の街を歩いていく。
そこに理由はない。進みたいから進む。その進路に文明があっただけの話。
そうゴジラは言っているようだった。

映画ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 感想レビュー
今みると、あのうつろな目、小さな手、何もかもが恐ろしく見えました。
子供の時にみていたら、絶対に「怪獣映画=怖い」と思ってしまう。

平成生まれの子供達はこのゴジラを観てどう思うのだろうか。
そして、ハリウッド版ゴジラは、どのようなアプローチをしてくるのだろうか。

非常に楽しみになってきました。

映画ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 感想レビュー

・画像がデジタルリマスターされたことで、
よりリアルで鮮明な初代ゴジラを楽しめる。
・音質ももちろんクリアに!
重低音がきいたゴジラの声が腹に響いて凄かった。
・ゴジラって最初は「怖い」存在だったと再認識。

既にゴジラをDVDで視聴済みだったので、時間があれば観に行こう程度でしたが、
これは一度観て中身を観た人も絶対見て欲しい。

美しい画質と音声が、映画館の大スクリーンで楽しめるのは本当に良いと思います。
行くかどうか迷っている人、興味あるけど中身知っているしなあという人、
是非みにいって、映画館でその凄さを体験して欲しい!

情報元:
映画 ゴジラ デジタルリマスター版 公式サイト

スポンサードリンク

7538

コメントを残す

PC・TV・スマホでいつでもどこでも
見たい番組が見れる
いまなら2週間無料で見放題↓


登録後
トップ>キッズ>キッズに人気>初代仮面ライダー・V3・W・オーズ・電王・カブト・アギト・クウガ・龍騎が見放題

ピックアップコンテンツ一覧

この記事は読みましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ