【動画】パワーレンジャー 日本から世界へ!海外の反応が良い理由。

スポンサードリンク

日本の戦隊が海外に輸出され、世界中の子供達のヒーローになっている。
それが「パワーレンジャー」。玩具も大人気!
パワーレンジャー 海外の反応
今回は、パワーレンジャーの魅力や、
海外の反応についてまとめてみた。

パワーレンジャーの歴史

パワーレンジャー 海外の反応
アメリカの特撮ファンの、サバン・エンタテイメント社の社長、ハイム・サバン氏が東映に、
「スーパー戦隊シリーズの映像を使った実写作品を作れないだろうか?」と、
交渉して製作した、アメリカ版スーパー戦隊シリーズである。

動画:
パワーレンジャーOP集①
YouTube Preview Image
パワーレンジャー・サムライ OP+ED
YouTube Preview Image

序盤では、戦闘シーンは日本のものを流用し、ドラマシーンをアメリカで制作だったが、シリーズが進むにつれ、
戦闘シーンの一部も、アメリカで制作されるようになった。

アメリカの子供番組は規制が激しく、
腹部や胸部への攻撃描写は禁止、敵の死亡描写も避けられている。
(善人になったり、浄化されたりなどを多用する)

また、アメリカは多民族国家なので、
レンジャーの色と俳優の肌の色にも厳しい。

特に、ブラック=黒人という配役はほとんどされない。


なぜ“パワーレンジャー”で統一?

第一作は恐竜戦隊ジュウレンジャーのリメイクであり、
「ジュウ」がある人種のの蔑称であったため、「パワーレンジャー」という名称に変更された。
パワーレンジャー 海外の反応
それ以降、「パワーレンジャーオーバードライブ」、「パワーレンジャーサムライ」など、「パワーレンジャー○○」といった名称でシリーズ化されている。

パワーレンジャーの前評価と実際の人気

パワーレンジャー 海外の反応
放送前は「日本のヒーローでは受けないだろう」という低評価もあったが、
放送されるやいなや、たちまち大ヒットとなり社会現象に!

特にドラゴンレンジャー登場回は、
アメリカの子供番組の最高視聴率をたたき出した!

予定では40話で終了する予定が、60話まで延長され、シリーズ化も決まったのである。

パワーレンジャーの玩具

パワーレンジャー 海外の反応
パワーレンジャーの玩具は、アメリカの子供達にも大人気!
売り切れ続出もあったほどだ。

提供スポンサーが日本でもおなじみのバンダイではあるが、
アメリカの子供達が好む「筋肉質」「アーマー」を多用し、
日本の戦隊とはかなり印象の違う玩具になっている。
パワーレンジャー 海外の反応
パワーレンジャーオリジナルの玩具展開が多く、日本の特撮ファンでもコレクターがかなり多い。

パワーレンジャーまとめ

・日本の戦隊をアメリカで放送した、海外版戦隊。
・後に世界へと広まっていく。
・配役や、戦闘演出にかなり規制がある。
・非常に人気が高く、
アメリカの子供番組の最高視聴率を記録。
・玩具は筋肉質、武装アーマーを多用するのが多い。

パワーレンジャーは日本では映像ソフトが少なく、全シリーズ視聴する機会があまりない。

玩具も手に入れるには、
個人輸入や輸入ショップでの購入が不可欠。

特撮ファンとしてはパワーレンジャーもみたいので、せめて映像ソフトだけでも翻訳版を出して欲しい!

これからもパワーレンジャーシリーズを特集していきます!

スポンサードリンク

7538

One Response to “【動画】パワーレンジャー 日本から世界へ!海外の反応が良い理由。”

  1. ぶり大根 より:

    他のパワレンも知りたい。
    日本で放送して欲しい。

コメントを残す

PC・TV・スマホでいつでもどこでも
見たい番組が見れる
いまなら2週間無料で見放題↓


登録後
トップ>キッズ>キッズに人気>初代仮面ライダー・V3・W・オーズ・電王・カブト・アギト・クウガ・龍騎が見放題

ピックアップコンテンツ一覧

この記事は読みましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ