琉神マブヤー 意味は魂!映画やショーも!【ご当地ヒーロー 】

スポンサードリンク

グッズやイベントで沖縄の人たちを引きつけてやまない!
沖縄のご当地ヒーロー“琉神マブヤー”!(りゅうじんマブヤー)
沖縄のご当地ヒーロー“琉神マブヤー ”
今回はマブヤーについてまとめてみた。


琉神マブヤーとは

琉神マブヤー
琉神マブヤーとは、男児向けの土産物キャラクターの販売を、
促進させる目的で沖縄県で制作された特撮番組。

放映した途端、沖縄県で大ヒット!!
沖縄県だけで最高視聴率9%をたたき出した大人気のご当地ヒーローである。

琉神マブヤー マジムン
物語の概要は、9つの『マブイストーン』を狙う悪の軍団マジムンと、
琉神マブヤーが沖縄の平和をかけて戦うといったもの。

TVやショーだけでなく、映画も作られている。
琉神マブヤー
映画は「琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ」。
2011年10月29日に沖縄先行上映され、
2012年1月7日より全国に公開された。

琉神マブヤー公式サイト

名前にまつわるエピソード

琉神マブヤー
当初沖縄県は、男児向け土産物キャラクターに、
「美ら海戦隊ウチナーンジャー」というキャラクターを考案した。

しかし、「~戦隊」や「~ジャー」という表記が大手、
東映株式会社の持つ商標権に触れるといった問題があった。

そこで「~戦隊」「~ジャー」という表記を避けたヒーロー名を考えた結果、
“琉神マブヤー”というネーミングになった
という。

ちなみに、マブヤーというのは、沖縄の方言で「魂」(マブイも同義)。
沖縄の魂のヒーロー、それがマブヤーなのだ!

マブイストーン

沖縄を治めていた九頭の竜が姿を変えた曲玉型の石。
以下のストーンがある。
マブイストーン
ウチナーグチ:沖縄方言を司る石。
石敢當:魔除けの神通力を司る石。
テーゲー:いい加減さ、寛容さを司る石。
エイサー:伝統芸能エイサーを司る石。
チャーガンジュー:健康を司る石。
いちゃりばチョーデー:人類みな兄弟の精神を司る石。
トートーメー:先祖を敬う心を司る石。
命どぅ宝:命を尊ぶ心を司る石。
カチャーシー:カチャーシーを司る石。

主題歌 琉神マブヤー〜魂の戦士〜

YouTube Preview Image
作詞 – 山田優樹 / 作・編曲 – 上地正昭 /
歌 – アルベルト・シロマ / 叫び – かっちゃん

琉神マブヤーまとめ

琉神マブヤー
・沖縄のご当地ヒーロー
・マブヤーとは沖縄の方言で「魂」の意味。
・非常に人気が高く、最高視聴率9%、映画も作られた。

ご当地ヒーローブームが来たとき、
特に人気が高かったヒーローで、知名度は高い!

これからもご当地ヒーローを紹介していくので、読んで欲しい!

スポンサードリンク

7538

コメントを残す

PC・TV・スマホでいつでもどこでも
見たい番組が見れる
いまなら2週間無料で見放題↓


登録後
トップ>キッズ>キッズに人気>初代仮面ライダー・V3・W・オーズ・電王・カブト・アギト・クウガ・龍騎が見放題

ピックアップコンテンツ一覧

この記事は読みましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ