トッキュウジャー 12話 感想 絶対5人で助け合うこと!グリッタ嬢の逃避行の行方は・・・。

スポンサードリンク

烈車戦隊トッキュウジャー「第12駅 虹の定期券」
トッキュウジャー 12話 感想
オープニングでも印象的に使われているパスにスポットを充てたお話。
彼らの記憶を取り戻すまでの流れに涙が・・・・゜・(ノД`)・゜・


烈車戦隊トッキュウジャー「第12駅 虹の定期券」感想

前回の話のラストで、イマジネーションを失ったトカッチ達は、
大人になってそれぞれの仕事に。
トッキュウジャー 12話 感想
トカッチがサラリーマン、ミオは婦警、
ヒカリは研究者、カグラはアイドルという道を歩んでいた。

☆前回の話はここで感想を書いてます。
特撮 烈車戦隊トッキュウジャー 感想 闇の皇帝 降臨!その姿は・・・。

今回はシャドー怪人の催眠術による“IF(もしも)”の要素を含んでいる。
「いつもは子供のように5人仲良く過ごしているトッキュウジャーが、
もし大人になって別々の道を歩んでいたら?」と言うIFの話。

しかし、逆に見ると、 「大人になって別々の道を歩んでいた5人が、
子供の時のように一緒に過ごす事になったら?」と言う構図も透けて見える。

トッキュウジャー 12話 感想
果たして、トッキュウジャーは今の5人揃って変身している姿が現実なのか、
それとも実はそれぞれが別の道を進んでいる姿こそ現実だったのか・・・。

そう考えると、ライトだけがイマジネーションを失わなかった=大人の姿が描かれなかったと言うのは、
ライトには大人としての存在が無い。

大人になった4人に対し、ライトは、
ライト自身が子供時代の思い出の象徴と言う可能性も考えられないだろうか?

大人=烈車が見えないつまんない人たち、
という表現にも感じ取れるのがちょっと気になったが、
番組が子供の目線で作られているからこその表現というのも考えられるね。

あと、手書きパスの裏を見て思ったけど、
レインボーラインそのものが5人のイマジネイションで生まれたってことはないかな。
・・・シャドウラインとずっと戦い続けてるって話だしそれはないか。
小林脚本ならそれくらいやりそうだからありえそうだけど!w

一方、シャドーライン側でも大きな進展が!
闇の皇帝の妃になる事を嫌がるグリッタちゃんは、
短剣で闇の皇帝を刺し殺そうとするが止められてしまう。

闇の皇帝はシャドーラインの存在でありながらキラキラしているグリッタちゃんを気に入る。
トッキュウジャー 12話 感想
やはり、グリッタ(輝くの意味)=キラキラで気に入るという流れだったね。
・・・このシーンで「やめろ!グリッタちゃんに触るな!」と思ってしまった人挙手!(俺含め)

グリッタちゃんに関してはこちらでも書きつづってます!
【考察】トッキュウジャー グリッタ嬢の本当の正体とは?声優は日高のり子さん!

また、シュバルツ将軍はグリッタが持っていたハンカチからグリッタの気持ちに気付く。
シュバルツ将軍はグリッタちゃんの思いにどう応える?
まさかのシャドーラインの反乱分子になりうるか?

誕生!超トッキュウオー!
トッキュウジャー 12話 感想
しかし、動きづらそうなデザインだなあ(苦笑)
思った以上に動いててびっくりしたけどw

今週の列車!
トッキュウジャー 12話 感想

烈車戦隊トッキュウジャー「第12駅 虹の定期券」感想まとめ

・イマジネーションを失ってしまったライト以外の4人。
・4人は大人になってそれぞれの道を。
・ライトに大人時代がない?描写がない?
・グリッタちゃんの愛の逃避行。闇の皇帝は彼女を気に入る。
・シュバルツ将軍がグリッタちゃんの思いに気づく。

もうね、グリッタちゃんの行く末が気になってしかたない!
シュバルツ将軍幸せにしてあげてー!

情報元:
烈車戦隊トッキュウジャー公式(東映)

スポンサードリンク

7538

コメントを残す

PC・TV・スマホでいつでもどこでも
見たい番組が見れる
いまなら2週間無料で見放題↓


登録後
トップ>キッズ>キッズに人気>初代仮面ライダー・V3・W・オーズ・電王・カブト・アギト・クウガ・龍騎が見放題

ピックアップコンテンツ一覧

この記事は読みましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ