特撮 仮面ライダー鎧武 視聴感想 第20話 「世界のおわり はじまる侵略」

スポンサードリンク

仮面ライダー鎧武 第20話です。
物語全体のターニングポイントとなる、重要な秘密が明らかになる回でした。
鎧武 20話
「ヘルヘイムの森」もかつてあの植物やインベス達に侵略されて、滅んだ世界であることが判明。

さらには地球もあと10年で・・。



何となく予想はしてましたが、ユグドラシルは地球を守るために戦ってたということに。
鎧武 20話
ユグドラシルの「大事の前に小事は切り捨てる」という考えに紘汰は反抗してきたけれど、
今回明かされた秘密を見る限り、ダンスとかしてる場合じゃホントに無いよな。
地球規模でヤバい事になっているわけで。

ヘルヘイムの森は他の惑星なのか、どんな存在なのか詳細は今のところ不明。
鎧武 20話
それを解明するため結成された組織がユグドラシルなのだ。

そしてヘルヘイムの森の真実が語られる。
ヘルヘイムの森
そこにあったのは文明を築いていた生物たちの廃墟。

インベスは怪人などではなく、
その知的生命体のなれの果てだった・・・。

ヘルヘイムの植物はまさに外来種そのもの。
突然発生し脅威の繁殖力でその世界の植物を絶滅させる。

植物が種を周囲に撒き、繁殖させるのは当然の本能。
これが理由のない悪意の真実。
しかもその猶予はあと10年。地球は新たなヘルヘイムと化す。

紘汰はそれを公表すればというが
その事を公にしても今の人間たちが一致協力する事は皆無だろう。

書いてて、鎧武がめちゃくちゃ重い展開に進んでいるのを改めて実感する。

鎧武 20話
戒斗はユグドラシル幹部連と接近?しそうな気配。ある意味自分のやりたいことが固まっている感。
紘汰だけこの先どうなるかが見えない。 根は深そうだ。

今までの平成ライダーシリーズで、「迷う」主人公は多かったけど、
うじうじ「悩む系」の主人公ってあんまり多くなかったから、ある意味新鮮な感じ。

ただ、個人的にはあんまり悩み続ける系の主人公は好きじゃない。
主人公以外の人間で物語が回り続けるのは、ちょっとね~というか。

一時的に悩んでも、悩みを乗り越えて見事に成長してくれることを祈る。
“仮面ライダー”としても、“ビートライダーズ”としても。

情報元:
仮面ライダー鎧武 公式(東映)

スポンサードリンク

7538

コメントを残す

PC・TV・スマホでいつでもどこでも
見たい番組が見れる
いまなら2週間無料で見放題↓


登録後
トップ>キッズ>キッズに人気>初代仮面ライダー・V3・W・オーズ・電王・カブト・アギト・クウガ・龍騎が見放題

ピックアップコンテンツ一覧

この記事は読みましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ